FDS事業部は、お客様から負託された「安全の確保」に応える富士防災警備㈱が運営する倉庫管理部門として、お客様から寄託された物品の保管、入出庫集配送サービス及び廃棄代行サービスに係るお客様情報を始めとして事業部で管理する全ての情報資産について機密性、完全性及び可用性を確保・維持し、さらに改善することにより事業の維持・継続・発展を確保するため、次のとおり情報セキュリティ基本方針を定め、確実に遂行します。

 

1 法令等遵守

役員及び社員は、ISMSの実施に関係する法令、ガイドライン、社内規則並びに顧客との契約条件等を遵守して行動します。

 

2 経営者の責任

経営者は、ISMSの実施に必要な経営資源を提供すると共に、実施を担保するための組織を設置し、管理します。

 

3 社員教育

当社は、社員に対して情報セキュリティ教育を実施してISMSの重要性を十分に認識させ、情報資産の適切な運用を確保します。

 

4 リスクの評価

管理対象の情報資産についてリスク分析・評価を実施し、必要なレベルの機密性、完全性及び可用性を確保するための対策を実施します。

 

5 事故対応

セキュリティインシデント、自然災害などによる障害発生の可能性に対してあらかじめリスク分析を行って事業継続計画を策定し、障害発生時には速やかな復旧と可用性の確保に努めます。

 

6 PDCA

当社は、定期的に実施する監査あるいは問題点の通報認知等からマネジメントレビューを行い、ISMSの継続的な維持、改善及び管理を行います。

 

平成24年6月1日

富士防災警備株式会社

代表取締役 鶴賀孝宏