機械警備

GCシステム・UVRC管制センターと連携して、5分間犯罪に対応したセキュリティへと生まれ変わります!

機械警備とは、施設に配置したセンサーが異常を感知した際、警備員が対象施設に駆けつけて対応するサービスです。

また365日24時間監視、状況により警察・消防機関へ通報いたします。

当社ではGCシステムを取り入れた警備サービスで、より安心・安全を提供いたします。

「防犯」についてお客様のお悩みやご不安に寄り添い、最適な防犯設備を提案いたします。

ご提案やお見積りに費用は発生しませんので、お気軽にお問い合わせください。



対応の流れ

①異常発生:ご契約施設にて機械警備センサーが異常を感知

②管制センター急行指示:管制センターの警備員からパトロール警備員に急行指示

③駆けつけ:急行指示を受けたパトロール警備員が対象施設へ駆けつけ

④現場対応:対象施設にて適切に対応を実施

防犯対策

・侵入監視 機械警備センサーにより、侵入を即座に感知し通報。

・火災監視 火災報知器を設置し、又は火災受信機と連動し火災発生の通報。

・非常通報 緊急時、ワイヤレスボタンを押すことにより通報。

・画像監視 防犯カメラを設置し、遠隔による画像監視。

・設備監視 工場・店舗等各種設備異常を検知し通報。

・巡回警備 警備員による定期巡回により、侵入を監視。

・入出退記録 ICカードによる操作記録保管。  

他、様々なご要望にお応えします。


機械警備システム事例

モデルプランを紹介

一般住宅向モデルプラン

防犯システムで犯罪の抑止・検知を行います。

異常発生時は警備会社への通報と同時に音と光による威嚇を行います。

外出時はもちろん、就寝中等在宅時の異常も見守ります。

※この設置図はシステムの一例です。